夏のスキンケア

夏の

夏のスキンケアの重要性

地球温暖化の影響もあり、ここ数年猛暑が続いています。高温多湿の夏は、汗や皮脂の分泌量も増やすため、不快な思いをすることが少なくありません。さらに、夏は肌に降り注ぐ紫外線量もピークに達するうえ、冷房による乾燥肌の悩みもつきものです。

「汗で流れるから」「湿度が高いから乾燥しない」と夏場のスキンケアを怠っていると、秋になって肌トラブルが表面化することも少なくありません。いろいろな意味で肌に注意が必要な時期といえるでしょう。

夏のスキンケアのポイント

洗顔料や化粧水、乳液などの基礎化粧品を使うにあたり、夏のスキンケアで意識すべきことを紹介します。

●洗顔
寝ている間も汗をかくため、朝起きると肌がべたついていることも多い夏。汗や皮脂が分泌され、そこに付着したほこりなどもあり、肌はすでに汚れています。洗顔剤をしっかりと泡立てて汚れを洗い流しましょう。

なお注意したいのは、洗顔料そのものが肌にとって刺激になりうるということです。泡立てネットなどのアイテムもうまく使いながら、モコモコになるまで洗顔料を泡立てて、泡の弾力で洗顔するように心がけましょう。

最後に冷水で顔をすすぐことで、毛穴を引き締めることができます。夏の肌の悩みであるほてりやベタつきも少しは緩和されますので、一度試してみるといいでしょう。

●化粧水
粘性の高い「しっとりタイプ」の化粧水は保湿力の高さが魅力ですが、肌をベタつかせてしまい、夏は化粧崩れの原因になることもあります。普段はしっとりタイプの化粧水を使っている人も、夏は「さっぱりタイプ」のものを使ってみるといいでしょう。なお、化粧水は冷蔵庫で保管しておくことで、毛穴を引き締める効果が期待できます。

●乳液
夏になると、ベタつきが気になって乳液の使用をためらう人もいるかもしれません。しかし肌表面の水分は、季節に関わらず蒸発してしまいます。せっかく浸透させた化粧水の水分や成分を蒸発させないためにも、きちんと乳液でフタをしておきましょう。

夏のスキンケアの注意点

紫外線量がピークを迎える夏は、スキンケアも美白重視になりがちです。しかし、同様に重視しなくてはならないのが保湿ケア。自宅やオフィスはもちろん、商業施設や電車の中など、夏はどこへ行っても冷房が効いています。冷房はたしかに涼しく快適な空間を作ってくれますが、肌から水分を奪ってしまうことも忘れてはいけません。

乾燥した肌は、それ以上に水分が蒸発するのを防ごうと、過度な皮脂分泌を始めます。皮脂膜によって肌を守ろうとするためです。これこそが、実は夏のベタつきの原因。夏になるとニキビや吹き出物などが増える方は、肌の乾燥による皮脂バランスの乱れが、原因なのかもしれません。

ここで注意したいのが、スプレータイプ化粧水の使用。こまめに肌に水分を与えると、肌にとっては「呼び水」になってしまい、さらに乾燥を招く結果になってしまいます。ですから、夏の乾燥対策としては美容液を持ち歩き、乾燥が気になる部分にこまめに塗ることをおすすめします。

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


One Comment

夏のスキンケアにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*