化粧水の使用期限

化粧水の使用期限

化粧水の使用期限

コンビニエンスストアでおにぎりを買ったり、お客さまからお菓子をいただいたりしたとき、おそらく賞味期限を確認することでしょう。では、 開封した化粧水がいつまで使えるのか、その使用期限を気にしている方はどれぐらいおられるでしょうか。化粧水には保存料が入っているからという理由で、油 断している方も多いのではないかと思います。

実は、化粧水をはじめとする化粧品全般にも、使用期限があります。ただし食品と違って、化粧品の使用期限を商品に表示する義務がありません。ですから、化粧水のパッケージを確認しても、どこにも使用期限は記載されていないはずです。

期限があるのに期限が記載されていないというのは、なんだか奇妙な話です。なぜこのようなことが起こるのかというと、薬事法が関係してきます。薬事法とは、医薬品や医薬部外品、化粧品および医療機器の品質、有効性および安全性の確保のために必要な規制を定めた法律のこと。

薬事法には、「未開封かつ適度な環境での保管において、3年以上の品質の変化がないと思われるものにおいては、使用期限表示の義務はない」 という記載があります。化粧水は、この「3年以上の品質の変化がないと思われるもの」に該当。だから、使用期限を表記していないというわけです。

けれどこの「3年」というのは、あくまで「未開封かつ適度な環境での保管において」という条件が整ってこその期限。逆に考えれば、「封を 切ってしまった後で」「適切でない環境で保管されている化粧水」の品質変化に対しては、責任はもてないということなのではないでしょうか。

しかも、この3年というのは、「製造されてから3年」という意味。もし購入前に劣悪な環境で保管されていたとすれば、買った時点ですでに品質が変わっている可能性も、ゼロではないのです。

化粧水のパッケージには、4ケタぐらいのロットNo.が記載されています。いつ製造されたのかということや、いつまで品質が保たれるのかが 気になるなら、この番号を元にメーカーに問い合わせてみましょう。ロットNo.から製造年月日が分かりますから、詳しく教えてくれるはずです。

化粧水の保管について

皆さんは、化粧水をどれぐらいの期間で使い切っているのでしょうか。もちろんボトルの大きさにもよりますが、いくら大容量だとしても、半年あれば使い切れるはずです。

開封した化粧品は、1年で使い切るのが鉄則。化粧水の場合、できれば半年で使い切るほうがいいようです。もし、開封したままで放置して、半年以上の時間が経過しているものがあれば、たとえ色やにおいに変化がないとしても、破棄することをおすすめします。

というのも一度開封してしまった化粧水は、保管の状態次第では、品質がかわってしまっている可能性があります。空気や手指に触れることで、 ホコリや雑菌が混入してしまうためです。また、未開封のまま保管していたとしても、その保管場所が高温多湿だったり、直射日光が当たる場所であったりすれ ばNG。高温になることで、化粧品に含まれている成分の一部が変性してしまう可能性があるからです。

化粧水・化粧品 保管のポイント

・冷暗所もしくは常温冷暗所で保管しましょう。

・開封した容器は、口元を清潔なティッシュなどできれいにふき取ってからフタをしめるようにします。ただし、コットンでのふき取りはNG。繊維が混入することがあり、逆効果になる場合があります。

・ポットタイプの容器に入っているクリーム類は、指で取らないようにしましょう。雑菌の混入を防ぐためにも、添付されているスパチュラ(へら)で取るほうが安心です。

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


化粧水の使用期限にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*