冬のスキンケア

冬のスキンケア

冬も気をつけたい紫外線

冬の空気は思っている以上に乾燥しているため、ほんの少し外に出ただけでも、風が肌のうるおいを奪い、乾燥してしまいます。
 
そんな乾燥をケアするために、冬のスキンケアでは保湿効果の高い化粧品を使うことにばかり意識がいきがちですが、ちょっとした工夫でも乾燥を防ぐことができます。たとえば、マフラーやマスクなどを上手に利用して、冷たい風に顔が直接触れないようにしましょう。また、エアコンの風も肌を乾燥させるため、加湿器や洗濯物、やかんなどを活用して、部屋の加湿を心がけましょう。
 
また、冬のスキンケアで実は気をつけないといけないのが、UVケア。たしかに夏と比べると紫外線量は減りますが、冬でも肌には紫外線が降り注いでおり、適切なケアをしていなければ冬でも日焼けしてしまいます。冬のスキンケアにもUVクリームを取り入れ、紫外線対策をしておきましょう。

冬の洗顔は温度に注意

寒い冬に朝に、冷たい水で洗顔するのはつらいもの。どうしてもお湯で洗顔したいと思ってしまいます。かといって、熱いお湯で顔を洗うのはNG。肌表面には潤いを保つための角質層がありますが、この角質層はとてもデリケートで熱いお湯が苦手。お湯によって、角質層にある天然保湿成分である「NMF」が流れやすくなってしまいます。

角質層を守りながら洗顔するのに理想的な温度は、35度以下。目安としては、人肌よりややぬるいぐらいです。ただし、肌質によっても適切な洗顔温度は異なりますので、自分の肌の状態を見極めながら、湯の温度を決めるようにしましょう。

さらには、界面活性剤が入ったクレンジング料も潤い成分を洗い流してしまうため、洗顔料にも注意が必要です。角質層からうるおい成分が流出してしまわないよう、手早く洗顔をして、泡が残らないようにきっちりすすぐようにしましょう。

唇のケアもスキンケアの一部

冬は肌だけでなく、唇の乾燥も気になる季節。カサカサと荒れた唇は、口紅もうまくぬれず、何より痛々しい印象を与えてしまいます。逆に、冬でも唇がツヤツヤした人を見ると、好感をもつものではないでしょうか。

唇はなぜ、カサカサになりやすいのでしょうか。それは、唇の構造が原因。唇の角質層とても薄く、さらに細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)も少ないのです。また、唇には皮脂腺や汗腺もないため、皮脂膜を形成することができません。ですから、どうしても紫外線や乾燥などの刺激を受けやすくなってしまうというわけです。

ただし、肌のターンオーバーが28日であるのに対し、唇のターンオーバーは3~5日と短め。ダメージもその分早く回復します。リップクリームを常に携帯して、乾燥を感じたらぬるというこまめなケアに加え、特に乾燥がひどいときには、唇にハチミツやワセリンをぬってラップで唇を包み込み、5分間放置するスペシャルケアを行いましょう。

また、レバーやうなぎ、納豆や卵、ブロッコリー、ほうれんそうなどに含まれるビタミンB2には、粘膜を正常にする働きがあるといわれています。こうした食材も上手に取り入れて、しっとりとした唇を取り戻しましょう。

スキンケアの基本エントリー一覧

健康でクリアな美肌をつくる上で最も大切なことは、トラブルに負けない強い素肌をつくるということ。そこで毎日のスキンケアでは、まずはクレンジングでしっかりと汚れを落とし、ニキビやくすみなど、肌トラブルの原因を作らないことがポイントになってきます。 なお、クレンジング料は大きく5つのタイプに分類することができます。それぞれのタイプの特性を知ったうえで...

毎日のスキンケアにおいて、どのような基礎化粧品を使うかは大切です。けれど、どれほど効果の高い基礎化粧品を使っていたとしても、スキンケアの順番を間違えると、その効果が十分に発揮されないこともあります。スキンケアの正しい順番を覚えて、美肌を目指しましょう...

スキンケアにおいて、ぜひ取り入れたいのがマッサージです。マッサージというと、エステサロンで受ける本格マッサージを想像する方も多いと思いますが、自宅で簡単にできる手軽なものもいろいろあります。次に紹介するものを参考に、試してみてはいかがでしょうか...

正しいスキンケアをしているかどうかは、年齢を重ねると共に答えがはっきりとあらわれます。若い頃は美しい肌をしていたとしても、毎日のスキンケアを誤っていれば、次第に肌は衰えてしまいます。まさに、スキンケアは毎日の積み重ねなのです。ただし、高価なスキンケア化粧品を使うことだけが美肌を保つ方法ではありません...

春は暖かくなったり寒くなったりを繰り返し、気温が安定しない季節。また、花粉症をはじめとするアレルギーで肌がかゆくなったり、赤くなったりというトラブルも起こりがち。春は肌の水分と油分のバランスが乱れやすく、肌トラブルがおこりやすい季節でもあるのです...

おそらく紫外線を強く意識するのは夏でしょう。けれど紫外線は年中降り注いでおり、それほど太陽の光を浴びていないつもりでも、思った以上に肌はダメージを受けているもの。夏はもちろんのこと、紫外線対策のスキンケアは四季を通じて必要ということです...

地球温暖化の影響もあり、ここ数年猛暑が続いています。高温多湿の夏は、汗や皮脂の分泌量も増やすため、不快な思いをすることが少なくありません。さらに、夏は肌に降り注ぐ紫外線量もピークに達するうえ、冷房による乾燥肌の悩みもつきものです。「汗で流れるから」「湿度が高いから乾燥しない」と夏場のスキンケアを怠っていると...

秋は、夏に受けた紫外線の影響でターンオーバーが乱れ、古い角質が残ってしまいがちな季節。また、くすみなどのトラブルも起きやすく、肌のダメージを回復するケアが必要です。特に重要なのが、美白に重点を置いたスキンケア。美白効果が期待できるパックや、高濃度のビタミンCを配合した美容液などを使って、肌に栄養を与えてあげるケアを心がけましょう...

冬の空気は思っている以上に乾燥しているため、ほんの少し外に出ただけでも、風が肌のうるおいを奪い、乾燥してしまいます。そんな乾燥をケアするために、冬のスキンケアでは保湿効果の高い化粧品を使うことにばかり意識がいきがちですが、ちょっとした工夫でも乾燥を防ぐことができます...

紫外線を浴びすぎたり、疲れやストレスがたまっていたり、お菓子を食べすぎたりと、肌トラブルを引き起こす原因はさまざま。また意外と多いのが、スキンケアが原因の肌トラブル。スキンケア化粧品を変えたことで起きた肌トラブルは、おそらく多くの方が経験済みではないでしょうか...

化粧水と乳液、クリームは、毎日のスキンケアで使う基本中の基本アイテム。美容液に関しては、「毎日、朝晩使っている」という人もいれば、「夜だけ」「使っていない」など、取り入れ方はさまざまです。高濃度の栄養が詰まった美容液は、長い間継続して使えば高い効果が期待できるアイテム。ただ価格帯もさまざまで、どれを選んでいいのかわかりづらいというのも事実です...

勉強や仕事、または夜遊びなどで就寝が遅くなり、睡眠不足になってしまった朝は、吹き出物が出たり肌がザラついたりと、何かと肌トラブルを感じることも多いはずです。スキンケアに手間ひまをかけていても、睡眠時間が不足すると思うような結果は得られません。というのも、睡眠中は「肌が生まれ変わる」時間といわれており、普段のスキンケアと同様、良質な睡眠を心がける必要があるからです...

男性のスキンケアというと、一昔前まではヒゲをそった後のお手入れぐらいのものでした。ところが最近、男性でもスキンケアに力を入れる人が増え、男性用のスキンケア化粧品も多く出回るようになりました。 スキンケアというと「美」のためと捉えがちですが、スキンケアは「健康」とも関わっています...

 


ページトップへ
MyStars