「化粧水の後は乳液」は常識?

「化粧水の後は乳液」は常識?乳液の役割とは?

洗顔した後には化粧水を塗って、その後には乳液を塗るというのが、スキンケアの一般的な流れ。ほとんどの方が、この手順で手入れしているのではないでしょうか。実際に、各ブランドから出ている化粧品シリーズでも、化粧水と乳液をセットで販売している商品が多いようです。

では、一体なぜ乳液をつける必要があるのでしょうか。乳液の役割は保湿、肌の乾燥を防ぐためのアイテムです。もちろん、化粧水も肌にうるおいを与えるために塗るものですが、化粧水は水分なので、放置しておくとその水分が蒸発してしまうのです。

たとえば、コップやバケツに入れた水を想像してみてください。フタをせずに放っておくと次第に水分が蒸発して、水が少なくなってしまいます。肌に補給された水分もそれと同じ。フタをしなければ、その水分を保つことができないのです。

そこで登場するのが乳液。水分に加えて油分も配合されている乳液をつけることによって、肌の水分蒸発をブロックすることができます。乳液を塗るのは、いわば肌にフタをするということ。乳液は、うるおいを閉じ込めるためのフタなのです

「化粧水→乳液」の順番は間違い?

化粧水で水分を与えて肌をうるおし、乳液でフタをして水分を閉じ込めるというのがスキンケアの王道。その一方で、「乳液は必要ない」という説も聞かれるようになりました。

なぜなら、乳液には合成界面活性剤がたくさん使われているため。合成界面活性剤とは、水と油の両方になじみやすい性質を持った物質で、身近なところでは食器用洗剤に用いられています。油がついた食器を水だけで洗ってもきれいになりませんが、洗剤を使って洗うと汚れがきれいに落ちることからも、お分かりいただけることでしょう。

この原理を利用して、洗顔料には合成界面活性剤が多く使われています。また、肌に塗ったときの肌なじみもよくなるので、化粧水や乳液に使われることも多いようです。

人間の肌には本来、外的刺激から肌を守るバリア機能(=皮脂)が備わっていますが、界面活性剤はこのバリアを破壊してしまいます。その結果、肌は極端にデリケートになってしまい、紫外線などの刺激から悪影響を受けやすくなってしまうのです。こうした理由から、スキンケアには乳液を使わないほうがいいと主張する美容専門家もいるようです。

乳液にも投資する

乳液はどれぐらいの価格のものをお使いでしょうか。某化粧品メーカーの調査によると、化粧水や美容液にはお金をかけるけれど、乳液は安いもので済ませているという方が多い傾向があるそうです。

たしかに、化粧水は洗顔後の肌に最初につけるもの、美容液は肌の悩みに合わせて選ぶものだけに、多少高くてもいいと考える方が多いのでしょう。その中間に位置する乳液は
どうしても軽視されてしまうのかもしれません。

とはいえ、乳液はなんでもいいというわけにはいきません。成分にこだわって選ばなくては、肌に悪影響を及ぼすこともあるのです。たとえば、界面活性剤が含まれていない化粧水を選んだとしても、乳液に含まれていたらどうでしょうか。化粧水にこだわっている意味がなくなってしまいます。化粧水や美容液ほどの労力をかけて選ばないにしても、化粧水と同じシリーズの乳液にするなど、乳液の成分にもこだわりがほしいところです。

人気の乳液は?

いま人気を集めている乳液には、どのようなものがあるのでしょうか。国内最大の口コミサイトである「@コスメ」の人気ランキングを参考にして、評判のいい乳液をチェックしてみましょう。(2011年6月11日現在)

●人気の乳液 1位
ランコム UV エクスペール GNシールド 50 BB
30ml・5,460円
SPF50・PA+++

日焼け止め、化粧下地の機能が一つになった便利な乳液。夏はもちろんのこと、紫外線は一年中肌に降り注いでいます。日焼け止めの機能を併せもつ乳液がランクインするのも当然のことといえるでしょう。

愛用者からは、「のびがいい」「つけた瞬間からうるおう」などの口コミが寄せられています。また、「インスタントホワイトニングテクノロジー」という技術を用いており、シミやくすみ、毛穴、色ムラを瞬時にカバー。透明感あふれる素肌美を追求したい方におすすめです。

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


「化粧水の後は乳液」は常識?にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*