混合肌用の化粧水

混合肌用の化粧水

混合肌とは?

肌には、乾燥肌やオイリー肌、混合肌などのタイプがあります。混合肌とはその名のとおり、いくつかの肌質が混合しているタイプの肌のこと。たとえば、「乾燥肌+普通肌」「普通肌+乾燥肌+オイリー肌」「乾燥肌+オイリー肌」などの組み合わせがあります。

一般的には、混合肌の方の多くが、「脂っぽい部分とカサつく部分が混在している」という状態。要するに、混合肌の大半は、乾燥肌とオイリー肌が混在しているということです。そのため、部分ごとに違う化粧水を使ったスキンケアが必要になります。

混合肌の原因

混合肌の場合、「顔はカサつくのにTゾーンはベタつく」など、「カサカサ」と「ベタベタ」両方の肌トラブルを改善しなくてはなりません。なお、混合肌の原因としては、次のようなことが挙げられます。

・季節の変わり目の体調変化
・生理の前後のホルモンバランスの乱れ
・生殖機能の低下
・内臓の働きが低下

いずれも、体調の変化と密接に関わっているということがお分かりいただけるかと思います。皮膚は身体の健康状態を映し出す鏡といわれますが、まさにそのとおりといえるでしょう。

それ以外にも、ときとして洗顔方法の間違いが混合肌の原因になっていることもあります。Tゾーンがベタつくからという理由で、洗顔のときに 念入りにこすってしまうと、かえって逆効果。よく洗ったほうがすっきりと脂が落ちそうなイメージがあるかもしれませんが、必要以上の皮脂を洗い流してしま うと、それを補うためにかえって皮脂の分泌が盛んになってしまうのです。

混合肌の化粧水選び

混合肌のスキンケアで悩むのが、一体どこに合わせて化粧水を選んだらいいのかということ。しかし、スキンケアの基本はなんといっても「保 湿」。肌質がどのようなものであれ、保湿が基本となります。逆に肌の保湿さえきちんとできていれば、肌はおのずと健康な状態に保たれるものなのです。

たとえば、肌に十分な量の水分が蓄えられているならば、毛穴の中にある皮脂腺の袋の大きさも正常に保たれます。これは、肌の水分と皮脂のバ ランスが良好であるということ。このような肌はみずみずしく、ふっくらとしています。ですから混合肌の場合でも、保湿に重点を置いた化粧水選びをすること をおすすめします。

混合肌の場合ベタつきが気になって、ともすれば「さっぱりタイプ」の化粧水を選んでしまいがち。ですが保湿のことを考えると、「しっとりタイプ」のものを選ぶことをおすすめします。

混合肌に合う化粧水の一つが、ウィラードウォーターのもの。ファッション雑誌の化粧品特集で取り上げられることも多いため、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

この化粧水は、飲んでも大丈夫なほど安全な水をベースに、肌に刺激をもたらす成分を一切加えずに処方されているもの。水でありながら水とは 分子構造が異なっているため、まったく異なる性質をもっていることが分かっています。たとえば雑菌が入りにくく腐りにくい特性をもっており、防腐剤も一切 使われていません。

また、傷ついた細胞をやさしくコーティングするという性質をもっているため、細胞の働きを高めて正常な新陳代謝を促す効果も期待できます。

ウィラードウォーター
70ml 1,260円
220ml 3,675円

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


混合肌用の化粧水にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*