乾燥時の保湿スキンケア

乾燥時の保湿スキンケア

乾燥はすべての肌トラブルの元

乾燥肌というのは文字通り、肌の水分が不足して、肌が乾燥している状態のことを指します。シミやシワ、ニキビなどの肌トラブルの大きな原因は、この乾燥肌にある場合が多いといわれています。

それでは、なぜ肌は乾燥してしまうのでしょうか。 肌が正常な状態であれば、皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される汗の水分が混ざります。そして、いわば自然に保湿された状態が作り出されているのです。

しかし、この保湿のためのバリアがなくなってしまうと、肌内部の水分がどんどん蒸発してしまい、肌が乾燥してしまうというわけです。 この保湿バリアは「皮脂膜」と呼ばれ、乾燥はもちろんのこと、紫外線などの刺激から肌を守る役割を果たしています。

乾燥することで肌バリアがなくなり、皮膚が無防備な状態で刺激にさらされる。だから、さまざまな肌トラブルが発生してしまうという仕組みなのです。

乾燥対策のスキンケア

肌の乾燥を防ぐためには、正しいスキンケアを行うことが大切です。まずは洗顔ですが、洗顔料を使わない洗顔が理想。というのも、洗顔料は汚れと一緒に皮脂までも落としてしまうため。皮脂が流れ落ちると肌バリアがなくなり、乾燥を助長してしまうからです。メイクをした日は洗顔料が必要ですが、外出せずにメイクをしなかった日や、朝の洗顔時には、洗顔料を使わなくてもOK。ホコリやアカは十分に落ちます。

また、指に力を入れてゴシゴシ洗うのはNG。洗顔はとにかく「優しく」が基本。肌をこすると、角質が剥がれ落ちてしまいます。ただ、水での洗顔だと毛穴が開かず汚れが残ってしまいますし、かといって体温より高いお湯は皮脂まで流してしまうため、注意が必要です。人肌程度のぬるま湯を顔に優しくかけて、汚れだけをきちんと取り去る洗顔を心がけましょう。

乾燥肌対策のスキンケア、2つ目は保湿です。洗顔した後、すぐに化粧水を塗って、肌に十分なうるおいを与えます。そして、補給した水分を逃がさないように、乳液やクリームでフタをしておきます。なお、乳液やクリームは、化粧水を塗った後に使うのが鉄則。乾燥した肌にいきなりクリームや乳液を塗るのは、まるで枯れ木に水をやらずに肥料をあげるようなものです。

水分補給によるスキンケア

洗顔や保湿に気を配るほかにも、こまめな水分補給を心がける必要があります。乾燥肌になるというのは、体内の水が不足しているということ。人間の身体のおよそ7割は水分。水が不足すれば、当然肌も渇きます。水分の摂りすぎによる、むくみを心配する方もおられるかもしれません。ですが、新鮮な水をしっかり補給することで腎臓が活発化し、水分代謝も良くなるといわれており、むくむどころか、老廃物の排出がスムーズになることが期待できます。

のどの渇きを感じたら、それはすでに身体が渇いてしまっている証拠。1回200mlぐらいの量を目安に、こまめに水を飲むよう心がけましょう。ちなみに、美肌で有名な女優やモデルのなかには、2リットルのミネラルウォーターを毎日欠かさず飲んでいる人も多いそうです。

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


乾燥時の保湿スキンケアにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*