クレンジングの基礎知識

クレンジングの基礎知識

クレンジング料の選び方

健康でクリアな美肌をつくる上で最も大切なことは、トラブルに負けない強い素肌をつくるということ。そこで毎日のスキンケアでは、まずはクレンジングでしっかりと汚れを落とし、ニキビやくすみなど、肌トラブルの原因を作らないことがポイントになってきます。

なお、クレンジング料は大きく5つのタイプに分類することができます。それぞれのタイプの特性を知ったうえで、自分の肌のタイプや好みに合うものを選びましょう。

<クレンジング料の種類>

① オイルタイプ
オイルタイプの最大の特徴は、肌なじみがいい点にあります。また、洗浄力が高く、濃いメイクの汚れを素早く落とすことができるのも特徴です。ただし難点は、オイル特有のぬるっとした感触が残ること。気になる人はダブル洗顔するようにしましょう。

② ジェルタイプ
ジェル状のため伸ばしやすく、肌なじみがいいのが特徴です。ただしオイルタイプと比べると洗浄力は弱め。特に油性のマスカラは落としにくいため、マスカラ専用クレンジング剤と併用したほうがいいでしょう。

③ミルクタイプ
肌の油分を落としすぎないマイルドな使い心地が、ミルクタイプの特徴です。その分洗浄力は弱めですが、肌への負担が少ないので、乾燥肌や敏感肌の方はミルクタイプを使うといいでしょう。

④クリームタイプ
クリームタイプには、拭き取るタイプと洗い流すタイプの2種類があります。どちらも肌への負担が少なく、使用後も適度な潤いが残るのが特徴です。

⑤シートタイプ
さっと拭き取るだけでメイク汚れや皮脂汚れを除去できるのが、シートタイプの特徴。場所を選ばずに使えて便利ですが、拭き取りによる摩擦で肌に負担がかかってしまいます。敏感肌の人は避けたほうがいいでしょう。

正しいクレンジング法

どんなにすぐれたクレンジング料を使っても、クレンジング法が間違っていれば汚れはきれいに除去できません。その後のスキンケア商品の浸透をよくするためにも、正しいクレンジング法を身につけましょう。

クレンジングで気を付けたいのは、指先を動かす方向。顔の下側から上側へ、円を描くようにしてやさしくクレンジング料をなじませるのがポイントです。「下から上へ」「中央から端へ」というマッサージは、毛穴の奥に入り込んだメイクや皮脂汚れをしっかりと浮き上がらせるだけでなく、リフトアップ効果にもつながります。

なお、肌を強くこすると、指の摩擦で肌を傷つけてしまいます。指先はあくまで優しく、肌の上をすべらせるように動かしましょう。

<クレンジングの手順>

① あご先から口のまわりに向けて、下から上へとクレンジングします。小鼻や目のまわりなどの細かい部分やデリケートな部分には、力の入りにくい薬指を使うと肌に負担がかかりません。

② 口角から頬にかけてのゾーンと、小鼻から頬にかけてのゾーンは、内側から外側に向け、円を描きながらマッサージします。

③ 鼻からひたいにかけてのゾーンも、下から上に向け、マッサージするようにクレンジングします。このゾーンは汚れがたまりやすく、最も肌トラブルが起こりやすい場所のため、ついゴシゴシと強い力でこすってしまいがち。薬指を使ってくるくるとマッサージして、優しく汚れを浮かせましょう。

④ 最後に、目元や口元のポイントメイクを落とします。唇は、縦の溝に沿って下から上へとマッサージ。マスカラは、クレンジング前に専用のリムーバーである程度まで落としておくと、より汚れが落ちやすくなります。

⑤ 顔全体にクレンジング料をなじませたら、ぬるま湯で洗い流します。温度は、自分の肌温度よりも少し低めを目安にするといいでしょう。熱すぎても冷たすぎても皮脂分泌のバランスを崩してしまいますので、温度調節にも注意が必要です。また、手の平で肌をこすりながら洗い流すのではなく、シャワーなどの水の力をうまく使って、するっと落とすようにしましょう。

⑥ やわらかいタオルで水分を吸い取ります。ごしごしとふき取るのではなく、タオルに顔を埋め、そっと肌を包み込むような感覚で優しくふきましょう。

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


クレンジングの基礎知識にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*