セラミド配合の化粧水

セラミド配合の化粧水

肌をバリアする「セラミド」

化粧水の成分表で見かけることの多い「セラミド」。一体どのようなものか、ご存じでしょうか。セラミドとは、私たちの肌に自然に備わっている成分。肌トラブルの少ないすこやかな肌であれば、十分な量のセラミドが角質層に備わっています。

セラミドの役割は、いわば肌の保護。セラミドは、どれほど空気が乾燥した環境にあっても、水分を抱えこむことでバリアを形成。乾燥や外的刺 激から肌を守ってくれます。極端な言い方をすれば、セラミドが十分にあれば肌はみずみずしい状態を保てるため、化粧水でうるおいを与える必要はないので す。

赤ちゃんの肌を想像すると、お分かりいただけるかと思います。赤ちゃんの肌はみずみずしく、手のひらが吸いつきそうなほどもちもちしています。それは、セラミドの働きによるものなのです。

ところが肌の天然セラミドは、加齢や生活環境の変化とともに減少してしまいます。セラミドが減少すると角質層にすき間ができてしまうため、水分が逃げやすくなってしまうのです。

これが、あらゆる肌トラブルの元。肌のバリア機能が低下すると、外からの刺激に対して無防備になってしまいます。その状態を放置すると、肌が乾燥したりキメが乱れたり、ニキビができたりくすんだりと、さまざまな肌トラブルへとつながるのです。

製薬会社が開発したセラミド化粧水

肌トラブルの原因を断つには、年齢と共に失われたセラミドを外側から補うケアが必要になります。ただし原理としては単純ですが、なかなか簡単には補えないというのがスキンケアのむずかしさ。ただ塗るだけでは、なかなか肌の奥までセラミドは浸透しないのです。

そこで役立てたいのが、小林製薬が開発した「hifmid」。およそ8年もの年月をかけて研究・開発されたこの化粧水は、不足しがちなセラ ミドを角質層へとダイレクトに届けてくれるため、浸透力は抜群。さらに、配合されているのはただのセラミドではなく、人の肌にあるセラミドと同じ構造をも つ「ヒト型セラミド」。数あるセラミドのなかでも抜群の保水力を誇り、モニターの91%が、その効果の高さに満足しているというデータもあるようです。

もともと肌にあるものと同じ構造のセラミドですから、肌へのなじみがいいのでしょう。しかも、この化粧水は無香料、無着色、エタノール、パラベン不使用。「低刺激」と「肌へのやさしさ」にこだわっていますので、敏感肌の方でも安心して使えるかと思います。

Hifmid(ヒフミド)モイスチャーローション
115ml 3,150円

お得なトライアルセット

製薬会社が開発した化粧水とはいえ、すべての人の肌に合うとは限りません。たとえば、セラミドが原因でニキビができやすくなってしまう肌質 の人もいることでしょう。購入してから肌に合わないと後悔しないためにも、まずはお試しセットで使用感を確認することをおすすめします。

ヒフミドのトライアルセットには、化粧水だけではなく、クレンジングや石けん、ミルクなども入っています。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

【ヒフミド お試しスパバッグセット 約1週間分】

980円(送料無料)(特製スパバッグつき)

・クレンジングミルク 10ml
・ソープ 16g
・モイスチャーローション(化粧水) 19ml
・クリーム 4g
・UVプロテクトミルク 5g

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


セラミド配合の化粧水にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*