化粧水コットンパックの効果

化粧水コットンパックの効果

手軽で簡単な化粧水コットンパック

スキンケアの効果を高めるためには、お風呂上がりはパックをしながらゆっくりと過ごしたいもの。ですが、現実にはなかなかむずかしいことでしょう。

仕事で残業が続いたり、子育てに追われたりしていると、パックどころではないという方も多いかもしれません。また、1枚で数千円というパックもあり、「パックは贅沢品」というイメージから、そもそもパックをしないという方もおられることでしょう。

しかし肌を美しく保つためには、パックによるケアは欠かせません。というのも、肌の表面を一時的にぬらす程度に化粧水をつけても、それだけ では有効成分が肌の奥まで浸透していきません。パックなどで肌を鎮静させて、化粧水をじっくりと肌にしみ込ませなくてはならないのです。

そこで紹介したいのが、お手持ちの化粧水とコットンを使った「コットンパック」。化粧水が肌内部まで浸透していくので、肌がしっとりもちもちになります。

【化粧水コットンパックの手順】

①  大きめのコットンを水でぬらし、軽く絞りましょう。

②  500円玉大ぐらいの量の化粧水を、コットン全体にしみ込ませます。コットンの毛羽立ちによる肌への刺激を減らすために、あらかじめコットンを水でぬらしておくといいでしょう。

③  ②のコットンを5枚に裂き、ひたいと両ほほ、鼻、あごにのせて顔全体を覆い、3分間放置します。

④  コットンをはずしたら、化粧水が肌に浸透する様子をイメージしながら、手のひらや指を使ってハンドプレスします。

化粧水ラップパック+コットンパック

毎日使っている化粧水も、コットンパックをすると効果はアップ。さらにその効果を高めてくれるのが、化粧水ラップパックです。

高額な化粧水で保湿ケアするのもいいですが、ラップパックであれば身近なものを使って手軽にでき、しかも経済的な負担も少なくてすみます。手順は次のとおりです。

【化粧水ラップパックの手順】

①  顔を覆えるぐらいの大きさに、ラップを切っておきます。

②  息ができるように、鼻の穴の部分に穴を開けておきます。

③  化粧水コットンパックを行い、そのうえから②のラップをかぶせ、顔全体を覆います。

④  そのまま10~15分ほど放置します。

このラップパックをすると、化粧水コットンパック単独のケアよりも保湿効果がアップ。水分をたっぷりと蓄えた、しっとりとした肌へと導いてくれます。

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


化粧水コットンパックの効果にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*