浸透力の高い化粧水

浸透力の高い化粧水

化粧水の浸透

大半の方が、スキンケアに化粧水を取り入れておられることでしょう。洗顔後に化粧水をつけるのは、「スキンケアの常識」といっても過言ではありません。その化粧水の主な役割は、肌をうるおすことのはず。ところが、「化粧水をつけてもうるおわない」「化粧水をつけても浸透しない」と、本来の効果を実感できていない方も多いのではないでしょうか。

化粧水が浸透しない原因としては、化粧水の「浸透力」に問題がある場合もあれば、化粧水を「浸透させる方法」に問題がある場合もあることでしょう。化粧水の浸透力は、化粧水の種類やメーカーによって異なります。分子が小さいサイズのものであれば毛穴の奥まで入り込みやすいため、浸透力も高いでしょう。また、浸透力の高さを追求して、肌のバリア機能を壊してまで肌の内部に浸透させる化粧水もあるほどです。

しかし実際のところ、化粧水の種類の違い以上に浸透の程度を左右するのは、化粧水の「つけ方」。たとえば、化粧水を少量しか使っていなかったり、軽く2~3回肌にたたきつけて終わりというような使い方しかしていなかったりすれば、たとえ浸透力の高い化粧水を使っていたとしても、肌は十分にうるおいません。

化粧水がもつ浸透力を最大限に生かすには、「化粧水は、惜しみなくたっぷりと使う」「じっくり時間をかけて、化粧水を肌にしみ込ませること」の二点が重要。たっぷりの化粧水を手に取り、手のひらで肌をやさしく抑えつけるようなかんじで、ハンドプレスしましょう。おそらく、浸透力の違いを実感できるはずです。

浸透力の高い化粧水あれこれ

●浸透力の高い化粧水①資生堂 ドルックス
150ml 600円

浸透力の高さで人気を集めているのが、資生堂のドルックス。価格があまりに安いため、かえって敬遠してしまう方もおられるかもしれませんが、口コミでの評価はかなり高く、ニキビや乾燥などの肌トラブルに悩まされていた方が、この化粧水で肌の調子がみるみる改善したという例もあるようです。

独特の香りについては賛否が分かれるようですが、ドラッグストアでも手に入りますので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

●浸透力の高い化粧水②Biotherm(ビオテルム)
400ml 7,140円

ビオテルムは、1950年に創立したフランスの化粧品ブランド。名前は、「ビオ」=「生命」、「テルム」=「スパ(温泉)の水」に由来しています。

70種類ものミネラル成分が配合されており、肌の奥まで浸透して肌を回復。浸透力の高さには定評があります。

●浸透力の高い化粧水③ロート製薬 肌ラボ 極潤ヒアルロン酸液
170ml 1,260円

テレビCMでおなじみの肌ラボシリーズは、コンビニエンスストアでも手に入る気軽さと、リーズナブルな価格、そして何より、しっとりとした肌へと導く高い保湿効果で人気を集めています。

その高い保湿効果の秘密は、この化粧水に配合されているナノ化ヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸)。これは一般的なヒアルロン酸と比べると、およそ100分の1以下のサイズ。通常サイズのヒアルロン酸が入り込めない角質層深くまで浸透するため、肌にうるおいを与えてくれるのです。

化粧水1本で、吸いつくようなしっとりもちもち肌になれるため、春先で肌の乾燥がひどいときや、エアコンの空気で肌が乾燥しているときにおすすめです。

●浸透力の高い化粧水④ビーグレン-YBローション
さっぱりタイプ 150ml 4,900円
しっとりタイプ 80ml 5,900円

シミ対策や美白系化粧水のランキングでは、必ずといっていいほど上位にランクインするビーグレン。その最大の魅力は、新しい肌細胞を作るスピードを、およそ3倍にアップさせてくれるという「EXポリリン酸」と独自の浸透テクノロジー。独自のカプセル化浸透技術により、有効成分を肌内部までしっかりと浸透させてくれます。

保湿効果のほかにも、美白やアンチエイジング、ニキビ予防、毛穴の引き締めなど、あらゆる肌悩みを解消してくれる高機能化粧水として、人気を集めています。

シェアする..Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone


浸透力の高い化粧水にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*